女性の男性化

「ヒゲ脱毛」という言葉と聞くと、やはり施術対象はヒゲの濃い男性というイメージが先行しますが、実は女性であってもこの「ヒゲ脱毛」の施術を受ける方がいらっしゃいます。実は、女性であっても口ヒゲが濃くて困るという悩みを抱えている人が意外に多いのです。女性のヒゲが濃くなってしまうのには、理由があります。いわゆる「女性の男性化」です。

女性の体内には、女性ホルモンの他にも男性の10分の1ほどの男性ホルモンが分泌されています。通常は、女性ホルモンが男性ホルモンの作用が出すぎるのを抑制しているが、この女性ホルモンの分泌が正常に行われないと男性ホルモンが活発になってしまいます。この男性ホルモンが増えてしまうと肌のキメが荒くなってしまい、本来の産毛がヒゲへと濃くなってしまうのです。

女性ホルモンは、年齢を重ねるにつれ分泌量も低下してしまううえ、非常にストレスを受けやすいホルモンでもあります。女性のヒゲ解消には、ストレスを軽減し、女性ホルモンの分泌を促進することが一番の解決法ではありますが、実際に女性の社会進出に伴い、ストレスフリーの生活を過ごすことは困難です。そんなときに役に立つのが、「ヒゲ脱毛」という解決法です。女性の場合、「ヒゲ」が生えてきて困っているという相談をする相手は限られてくるものです。

一度、サロンや美容整形外科などを訪れ相談してみることをお勧めします。ヒゲ脱毛を行うと、産毛がなくなるために肌がワントーン明るくなり、化粧のノリが格段に良くなります。よりキレイな自身と出会うことができるのではないでしょうか。

ヒゲ脱毛の注意点

ヒゲ脱毛により、得られるメリットは毎朝の手入れが楽になるということです。しかし、ヒゲ脱毛は女性のムダ毛脱毛とは異なり、顔周辺に行わなければならない脱毛であり、足や腕のムダ毛とは違い非常に濃い毛となっているため、不安に感じることがあるでしょう。その不安を解消するためには、事前にヒゲ脱毛とはどのようなものなのかを把握しておきましょう。

□日焼けしている方にはNG。脱毛は、黒いメラニン色素にレーザーや光を反応させ、熱破壊するものです。そのため、かなりの日焼けをしている方が受けてしまうとヤケドを負ってしまう可能性が高いので、その際は受けることができません。□光脱毛とレーザー脱毛の違い。光脱毛の場合は、永久脱毛ができません。

しかし、医療行為にあたらないため、医師のいないエステなどで気軽に受けることが可能です。レーザー脱毛の場合は、永久脱毛を行うことができます。しかし、レーザー脱毛は、医療行為となるため医師からの施術が必須となります。□脱毛にかかる時間。1回の施術時間は、およそ10分から15分といわれています。しかし、完全に毛がなくなるまでには、およそ1年~2年ほどかかります。

□ヒゲ脱毛は痛い。足や腕の脱毛とは異なり、特にヒゲが密集している顎やモミアゲ周辺は痛みを伴うことが多いのです。中には、汗で滲むほど痛みを感じる場合があります。ヒゲ脱毛に関して他にも不安や悩みはあるかと思います。顔というのは、特に注意が必要となるため事前の相談やカウンセリングにて不安を取り除くことが重要となります。

男性の女性化

最近では、美意識の高い男性が増加しています。若い世代の男性を中心に美容への関心が高まっており、20代から40代の男性への調査から、約7割の方が美容に関心があり、その中でも特に「肌」への興味関心が最も高いことが明らかとなっています。もはや、化粧水や乳液は女性だけの商品ではないのです。

最近では、男性向けの化粧水なども数多く販売されており、男性用コーナーを設けている店舗が増加しています。男性においても身だしなみや外見を意識することが非常に多く、その悩みとして「無精ヒゲ」や「青ヒゲ」などのヒゲに関して悩む方が増加しています。特にヒゲの濃い方の場合、朝剃っても青ヒゲは消えず、また夜には黒々しいヒゲが生えてしまうというコンプレックスを抱えた方もいらっしゃいます。一般的な男性であっても毎朝このヒゲを剃る必要があり、手間と時間をかけています。

現代の女性は、男性らしい男性よりも女性のように綺麗な肌をしている男性を支持する人が多く、男性においても美容のためにお金を使う時代に変化しています。最近では、男性用エステサロンなども展開されており、「ヒゲ脱毛」が人気となっています。このヒゲ脱毛では、全てのヒゲをキレイになくすだけではなく、全体的にヒゲを薄くし青みをなくすことや部分的にヒゲを残しオシャレにヒゲを手入れすることも可能です。もはや、美容業界を盛り上げるのは女性の消費者だけではありません。男性も重要な美容業界の消費者となっています。